サイトのアクセス数
     
文字サイズ
背景色変更
標準
ふりがな
なし
あり

福福人生大学 2月のお話しは「ハーモニカを吹いて健康になろう!~複音ハーモニカの豊かな響き~」です

2月5日(水)10:00

2月の福福人生大学は「ハーモニカを吹いて健康になろう!!~複音ハーモニカの豊かな響き~」と題して、中川 正純さんにお話しとハーモニカのミニ演奏会を開催しました。

ハーモニカの由来については、ドイツのメッスル氏が壊れた時計のぜんまいを弾いて優しい音色が出たことから発明されたそうです。

日本には明治28年頃に玩具として広まり、「西洋の横笛」と言われていたとのことです。

本日は種類の異なる4本のハーモニカを曲に応じて使い分けて演奏して頂きました。

演奏曲は皆様ご存じの童謡から歌謡曲、子守唄、シャンソン等多岐に渡ります。演奏を聴いている側も自然に口ずさみ、合唱になったり、「涙の連絡船」では波止場の船の出る情景が浮かび、「わ~」と声が上がりました。シャンソンではハーモニカの音色がまるで語っている様…。

中川氏は9年前からハーモニカ演奏を始められ、今ではお風呂とトイレ以外は常にハーモニカと一緒で、「自分の分身の様なものです。」と笑っておられました。
地域のイベントなどでも演奏活動され、今はアイドルグループの「嵐」の曲も練習中とのことでした。

中川さん、本日は素晴らしいハーモニカ演奏ありがとうございました^_^

  • 社会福祉法人 宏平会
  • 軽費老人ホーム福原荘

〒683-0001 鳥取県米子市皆生温泉4-17-2
TEL(0859)34-5731 FAX(0859)34-5741

  • お問い合わせ
  • ご意見・ご要望