サイトのアクセス数
     
文字サイズ
背景色変更
標準
ふりがな
なし
あり

フォトギャラリー(令和元年8月Vol.2)今年は実った!ユウガオ!1年ぶりのかんぴょう作りです

P22301498月6日 火曜日 9時30分

 

「かんぴょう」作りの行うため、原料となる「ユウガオ」を万福農園で収穫します。

P2230156何個か生っていますが、その中で大きなユウガオを2個W栄養士が採ります。

P2230160たぶん約10キロくらいはあると思われるユウガオ。

 

このユウガオを食堂に持って行って、

 

P2230183輪切りにして、入居の皆さんと一緒に長~く剥いて行きます!

P2230188

大きな包丁で剥く方。

 

P2230231

フルーツナイフで剥く方と様々です。

「包丁、気をつけて下さいね」と思わずお声掛けしますが…そこは昔取った杵柄です。

 

「危ない?何いっとるの!何十年と包丁使っとるだで!大丈夫♪」とナットクの一言でございました^^)

 

 

P2230195

こちらはユウガオ剥き専用の鉋(かんな)で剥いていきます。

 

P2230204

男性はお一人の参加でしたが、頑張ってます!

 

P2230237

皆さん器用に剥いて

 

P2230210

長~い

 

P2230215

長~いかんぴょうができました。

 

P2230222

ユウガオの中心部分の柔らかい「わた」と呼ばれる部分は、種を取って味噌汁の具にします。

「わた」は冬瓜を柔らかくしたような食感があり、美味しいです。

 

P2230246剥いたユウガオは

P2230273天日に干して乾かしますが、

P2230278雨が降って来ましたので、急いで室内に入れて乾燥させます。

 

福原荘名物のかんぴょう。

昨年はユウガオが実らなかったので、今年はたくさん生ってよかったです^^)

P22302541年ぶりのかんぴょう作り、お手伝いしていただいた皆さん、ありがとうございました♪

 

何日か天日干しして水分を完全に抜いてカラカラに乾燥させ、しばらく冷蔵庫で保存します。

出来上がったかんぴょうは、秋に収穫祭のお食事でかんぴょう巻きにして

召し上がっていただきます。

  • 社会福祉法人 宏平会
  • 軽費老人ホーム福原荘

〒683-0001 鳥取県米子市皆生温泉4-17-2
TEL(0859)34-5731 FAX(0859)34-5741

  • お問い合わせ
  • ご意見・ご要望